狭小土地活用で立派な住宅を建てる為に知っておきたいこと

MENU

有効的に投資

狭小地だからこその活用方法

狭小地は面積の狭い土地の事ですが、活用しようとした場合制限がでてきてしまうため、取引価格は安くなる傾向です。 また土地のかたちも変形した土地が多いため、そういった場合の相場価格はそうとう安くなるのです。狭小地にはそういった特徴があるため、狭小地に住宅を建てる場合は土地にかける費用をおさえることが可能です。また狭小地は立地の良い場所もあるため、本来坪単価が非常に高い利便性の良い地域に住宅を安く建てることも可能になるのです。 ただし、住宅に駐車場をもちたい場合、狭いためにビルトインガレージにするなどといった工夫が必要になってくる事を知っておくと良いです。また住宅工事の際には、工事車両や資材の置き場を確保する手段を考えておくことが大切です。

少ない投資で有効活用

狭小地のメリットとしては、税金などの維持費を安くおさえることができるという事です。また狭小地は安く買えるため土地にかける初期投資が少なくすむ事もメリットです。 小さい土地の活用方法としては、住宅を建てるだけではなく駐車場にしたり車をとめる面積を確保できない場合は、バイクの駐車場にしたり自動販売機を設置したりする方法です。住宅を建てる場合は木造住宅にするよりも思い切って鉄骨造や鉄筋コンクリート造のものを建てる方が良いです。 土地が狭いため坪単価が高い住宅でも総費用で考えた場合、鉄骨造を建てる人が多いです。駐車場ができない面積でも、自動販売機だけでなく販売店や看板だけを設置するなど、狭小地にはさまざまな活用方法があるのです。