狭小土地活用で立派な住宅を建てる為に知っておきたいこと

MENU

賃貸する際の選択基準

賃貸と駅との距離に注目する

賃貸を選ぶときは、気をつけなければならないことがあります。まず駅までの距離に注目しましょう。駅から離れ過ぎたところにある賃貸の物件だったら、通勤や買い物が大変になることがあります。徒歩で10分以内にある物件が理想です。それぐらいの距離だったら、歩くのも苦にならないでしょう。10分を超えたところにある賃貸だったら、仕事で疲れている時や雨の日などに歩くことが億劫になる場合があります。駅から遠い賃貸をあえて、選ぶこともできます。その場合は家賃が安くなります。しかし、通勤は大変なことが多いです。健康や体力に自信があったら、駅から遠い賃貸を選んでも構わないです。そういった場合なら駅から歩いて20分程度の所を選ぶようにしましょう。

築年数にも注目しましょう

賃貸の築年数にも注目しましょう。出来ることなら、築年数が新しい方が好ましいです。新しい物件だったら、建物の外回りや内部が傷んだり、よごれていないので気持ちよく生活することができます。また火災や地震といった災害に対する備えも、新しい建物の方がしっかりとしています。ただし、新しい物件の賃料は一般に高めです。賃料の安さにこだわるのなら、古い物件を探しても良いでしょう。築20年から30年の物件の家賃は一般に安いです。1万円台後半から2万円台と、信じられないぐらい安いこともあります。古い建物でも管理がしっかりとしており、建物がそれほど傷んでいなければ、快適に住むことができます。内部がきれいな古い物件の数も多いです。